[PR] バイク 事故
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
東京似非カルチャー

東京ミッドタウン

昨日、一昨日と仕事で東京に出張に行ってきました。
今回は六本木で宿泊、2日間の東京でしたが、幾度となく東京に行って街をあちこち歩いていると今までの東京とは随分違ってきているなと思う場所が多いように感じます。
テレビや雑誌で話題の場所と言うのはほとんどがいわゆる造られた世界。
それはそれで凄いなと思うし、そのスケールの大きさには驚くばかりですが、逆に言えばどこにでも造ることは出来ます。そんな造られた世界はブームが去って寂れてしまえば淋しいものです。後には何も残りません。
ここ最近、そんな脱け殻になってしまった廃墟が街のど真ん中に何となく増えてしまったような気がするのです。

また、例えばファッションの世界でも食べ物でもその時々の流行りというものは必ずあるものです。ただ余りにも簡単に流行を作りすぎてはいないかという気がしてなりません。仕事柄、そんな流行りを追いかける人、流行りを仕掛けようとする人達に会う機会が増えました。
そんな人達に出会って思うことは、物事の本質を解らないままあちこちから表面に見えている良いところのパーツだけを集めてきては上辺だけの格好良さだけを取り繕い、如何にも本物であるかのように言葉を並べて仕掛け作りをしようとすることです。流行りを造り出すと言えば格好良く聞こえますが、これはちょっと違うんじゃない?と思ってしまいます。
流行りものに行列が出来る、そんな世の中だけに自称クリエーター、プロデューサーもしくはマーケティングに関わる人達の責任は重いと思います。本物をちゃんと正しく伝える。それが物事をプロデュースする者の最低限の責務です。
余りにも軽々しく目の前の利益だけを追うばかりの仕事は何も生み出さないばかりか、後には何も残りません。

流行がやがてひとつの文化としてその地に、国に根付く。そんな仕事がしたい。
近頃つくづくそう思います。





| days | 22:41 | comments(2) | trackbacks(0)

0
    スポンサーサイト

    | - | 22:41 | - | -

    0
      COMMENTS
      お久しぶりです。久しぶりにブログを更新したら、訪問してくださったようで・・なんだかうれしかったです。最近twittwerばかりで・・
      ブログを更新してませんでした。

      私も東京に住みだしてからもう3年半経ちました。

      でも大阪から出張で来た時と、実際住んでみるのは違うかもって実感しています。

      確かにおっしゃるような造られた世界が東京には多いかもしれませんが・・
      それってメディアとかに造り上げられた世界で

      実際東京に住む人たちは昔からのお祭りや人情なんかを大切にしている人たちもいるし、

      私自身も恵比寿のオフィスで東麻布の東京タワーの見えるマンションにも住んでますが・・・
      ちゃんと使分けしてます。

      確かに都会に住むと六本木から歩いて20分の立地なので仕事が終わってからヒルズのレイトショーを見て歩いて帰るなんてこともしょっちゅうですが・・・

      家の近所は以外と庶民的でお祭りなんかもよく見ますし・・住みやすい街です。

      住むのと訪れるのはやっぱ違うのかもしれません。

      ただ・・やはり私の根っこは関西人だな〜って

      いつも実感しています、

      やっぱりカッコつけた仕事ばかりではちょっと違うかななんって思います。

      本音で直球勝負なのが大阪人のよいところかも・・


      長々と失礼いたしました。

      ではでは・・
      | momo | 2010/06/18 12:49 AM |
      >momoさん
      お久しぶりです。
      気軽につぶやけるのでついつい私もLogpi & twittwerは使ってます。
      沢山の人と言葉の中でも、全然見知らぬ人からつぶやいた言葉に反応があったりしてびっくりすると同時にネットの世界でも人間味のある温かさに触れたりして救われたりもします。

      東京には住んだことはないのでほんのうわべだけを見たのかもしれませんね。
      人情味溢れる下町ってところもきっとあると思いますし、そんなところを巡ってみるのが東京に限らず一番その地域を知ることができるのでしょうね。リタイアしたらガイドブックに載っていない旅をゆっくりしてみたいものです。

      人の温もり、温かさ、喜怒哀楽、さまざまな思い、感情…
      たとえ作られたものであっても、その作られたものを作ったのはそんな人々なのですから。
      その裏に、奥にある人々の思いを思い巡らしてみればきっと違った目でまた一つの世界を見れるのでしょうね。

      今度東京へ行った時はそんな違った視点で見てみたいと思います。
      住んでみるのが一番早いのでしょうけど、やっぱり私にはこっちがいいです。
      基本田舎者ですから(笑)
      ではでは、また。
      | youta | 2010/06/19 1:27 AM |
      POST A COMMENTS










      ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

      TRACKBACK URL
      http://ysstylecafe.jugem.cc/trackback/372
      TRACKBACKS
      RECOMMEND
      京都のブーランジェリー ―人気シェフのおすすめパン屋さん
      京都のブーランジェリー ―人気シェフのおすすめパン屋さん (JUGEMレビュー »)

      レベルの高いブランジェリーが沢山集まった京都の中でも人気のレストランシェフお勧めのパン屋さんが紹介されてます。だから間違いなし。
      Barkery book vol.3 ベーカリーブック(3) (柴田書店MOOK) (柴田書店MOOK)
      Barkery book vol.3 ベーカリーブック(3) (柴田書店MOOK) (柴田書店MOOK) (JUGEMレビュー »)

      シンプルな食事パンにこそ、本当のパンの味わい、醍醐味があると思います。シンプルだからこそ難しく、奥が深い。だから楽しい。そう思います。
      パンの教科書―ブランジェリーコム・シノワ
      パンの教科書―ブランジェリーコム・シノワ (JUGEMレビュー »)
      西川 功晃
      この1冊の本から膨らむパンの世界。芸術的とも言えるフランスパンやその他豊富な写真は、食べる者だけでなく作り手側をも魅了します。
      うまいパンは語る―京都「たま木亭」玉木潤の直感と計算 (旭屋出版MOOK)
      うまいパンは語る―京都「たま木亭」玉木潤の直感と計算 (旭屋出版MOOK) (JUGEMレビュー »)
      玉木 潤
      京都でパン屋を語るならここは絶対に外せない。プロも目指す最高のパンづくり。
      京都のやさしいパン屋さん。―パンと私のシアワセな関係 (SEIBIDO MOOK) (SEIBIDO MOOK)
      京都のやさしいパン屋さん。―パンと私のシアワセな関係 (SEIBIDO MOOK) (SEIBIDO MOOK) (JUGEMレビュー »)

      京都って意外と結構パン屋さんが多いですよね。それもどの店も個性的でレベルが高い。パン好きならこの1冊を眺めているだけで幸せになれます。ぜひ京都へおこしやす。
      京都・大阪・神戸パンの本 (えるまがMOOK)
      京都・大阪・神戸パンの本 (えるまがMOOK) (JUGEMレビュー »)

      京阪神の有名店がほぼ網羅。休日にぷらっとこの本片手にお出かけしてみるのもいいかも。でも早起きしてね。
      京都 CF (シーエフ) 2008年 06月号 [雑誌]
      京都 CF (シーエフ) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

      京都×歴史を考えさせてくれる特集もあって興味深い。京都市のパンにかける金額、消費量ともに日本一って知ってました?
      STYLE STORE アトリエカタログ
      NEW ENTRIES
      RECENT COMMENTS
      RECENT TRACKBACK
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      PROFILE
      BOOKMARKS
      TRACKBACK PEOPLE

      • [映画]
      OTHERS
      Search this site.



      COUNTER 


      LOGPI!!