[PR] バイク 事故
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
捧ぐ愛

 
最近よくありがちなストーリーではあるけれど泣けた。
うちの息子も今は元気になったけれど幼い頃、心臓病だっただけに胸が痛い。
心臓移植の問題も考えさせられた。

それにしても真央ちゃんが可愛すぎる。
一生懸命な恋が素敵。
純粋に美しい愛の形。
こんなに人を愛することが出来ただけでも宝物。
そんな心をいつまでも忘れないでいたい。
そう思えた作品でした。
| cinema | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0)

0
    3D shock! -Resident Evil: Afterlife-

    -Resident Evil: Afterlife- 

    昨日、久し振りに映画館へ行った。
    息子にせがまれて見たのが「バイオハザード アフターライフ」。
    3D映像が!!!思わずのけぞった。

    それにしてもミラ・ジョヴォビッチがめちゃくちゃカッコイイ。






    | cinema | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)

    0
      PIRATES & SPIDER

      PIRATES of the CARIBBEAN
      NY. Times sq.にて

      6月に入った梅雨入りも間近の今日、昼間の気温は30℃近くまで上昇。
      すっかり暑くなって来ました。
      アメリカ帰りの時差ボケの体調もようやく直ってきたような感じがします。
      ダメですねー、時間が掛かる。もう若くない。痛感。

      で、朝一から↑「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」をやっと見て来ました。
      先月の25日封切からもう暫く経っているにもかかわらず、平日の朝から結構な人の入り。圧倒的に女性が目立ちます。やっぱり、ジョニー・デップ or オーランド・ブルームのせいなのでしょうか。まぁ、男性から見ても確かにカッコいいですけど…

      ストーリーは、3部作完結編で全ての謎か明らかになるというだけあって、前作までをしっかり見ておかないと訳がわかりません。そういう意味ではとりあえず前作までは見たことは見たけれど、事前にしっかり予習しておくべきだったかなと後悔。

      公式サイトを見れば、また色々な情報が隠されているので、もう一度映画見れば、もっと楽しめるような気がします。あとは、皆さん見てからのお楽しみということで。





      SPIDER-MAN WEEK IN NYC

      上の写真は、先月NYに行った時の写真。
      「パイレーツ」が始まる前でNYの街が舞台となっているだけあって、スパイダーマンに関わるものがあちこちで目に付きました。写真は、GWに行われた「SPIDER−MAN WEEK IN NYC」のイベント広告を付した観光バス。

      SANDMAN

      Madison Ave. 55th St.にある Sony Plazaビルの1階ホールには巨大なスパイダーマンが壁をよじ登っていたり、Sony Styleのショーウインドには3に出ていたサンドマンがウインドウを突き破って表に出ていたり。うーん、街中スパイダーマン?

      映画の方もNYに行く前に、見ました。
      今まで、レイトショーばっかりで映画を見に行ってましたが、たまたま朝早くイオンシネマに行ったら平日はモーニングショーと言うのをやっていて、その時間帯に見ると1,200円。なおかつイオンカードを持っていたら200円引きということで、なんと1,000円で映画を見れることを知りました。おぉ、毎月1日の映画の日と一緒じゃない。これはお得。平日にしか休みを取れない私としては大助かりです。その他にも色々なサービスを最近やっているみたいですね。1,000円で映画が見れるなら断然DVDじゃなくて映画館で見た方が良いです。

      映画の内容の方は1も2も見たけれど、一番いい出来じゃないのかな。
      2が中途半端に終わってしまっただけに、素直に分かりやすくて、中には涙もあったりして、それでいてハッピーエンドで結構楽しめました。
      これなら、もし1・2を見てなくても、なんとなくこれだけで楽しめるのかもしれません。

      余談ですが、今日「パイレーツ」を見ている途中で音声が一瞬途切れるというトラブルがありました。そんなに気にはならなかったのですが、「何だったんだろ?」って感じで終わってみれば、出口でお詫びの無料チケットを貰ったので、やっぱりトラブルだったみたいです。でもちょっとラッキー。これでまた見たい映画、見に行けるやん。うれしっ!
      | cinema | 21:44 | comments(4) | trackbacks(0)

      0
        恋愛寫眞



        今日、仕事が休みで「ハチミツとクローバー」と「恋愛寫眞 - Collage of Our Life -」の2本をDVDで見た。
        「ハチクロ」は期待していたけれど、全然面白くなかった。
        「恋愛寫眞」は、期待していなかったけれど、意外と良かった。
        あの「ただ、君を愛してる」の原作「恋愛寫眞 もうひとつの物語」のさらにもとになった作品である。登場人物、里中静流と瀬川誠人という名前は全く一緒。
        だけど物語としては全く別物と言っていい。
        ただ、静流という人物については両作品とも共通して非常に魅力的。
        静流の行動やしぐさ、言葉のひとつひとつが胸に突き刺さる。
        映像トリックや小ネタの必要は何もいらない。
        やはりこれもラストに泣かされた。

        ※ラストのラストのシーンで出てきたデジカメに映った静流の顔。
         同じカメラ(Canon IXY DIGITAL)を持っていたので、ちょこっと静流を撮ってみました。

        恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
        恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
        広末涼子
        | cinema | 02:11 | comments(0) | trackbacks(0)

        0
          ニライカナイからの手紙



          最近素敵な風景なんかに出くわすと、生きていて良かったな、なんて感じることがしばしばあります。一方で、死んでしまったら自分っていう存在は一体どうなるのかな、魂は永遠に生き続けられるのかな、なんてぼんやりと考えてみたりもします。
          もしも今このまま死んでしまっても後悔は無いのかな、なんても思ってみたりもします。
          そう思った時、まだまだ死にたくはないと思うのです。
          やり残していることはいっぱいあるし、見届けたいこともいっぱいあるし…
          死の恐怖って言いますが、やっぱり考えてしまうと恐いです。
          そう思えば、毎日を精一杯生きなきゃ、って思うのです。
          不思議ですね。
          何でこんなことを考えたりするようになったのかな?

          話しは変わりますが、かねてから見たかった「ニライカナイからの手紙」をようやく見ることが出来ました。近くのTUTAYAにはなかったので、DISCASに入ってやっと先日手元に届きました。
          正直、泣けました。

          6歳で別れた母親から毎年誕生日に送られてくる手紙に励まされ支えられながら、再会の日を待ちわびる風季(蒼井優)。風季に嘘をつくことになると分かっていながらも、母親(南果歩)の気持ちを汲み取り娘に手紙を出すことを薦め、何も言わず静かに風季を見守り、育てて来た祖父(平良進)。
          美しい竹富島の風景と島の人々の優しさ、温かさ、そして祖父・母・娘の心の絆が明らかになるラストシーンではきっと誰もが涙することでしょう。

          ニライカナイ それは沖縄に昔から伝わる、水平線の彼方にある幸福の国のこと。
          きっとあると信じたいですね。

          ニライカナイからの手紙
          ニライカナイからの手紙

          先に紹介した同じく熊澤尚人監督の「虹の女神」と併せて見て見るのもいいでしょう。
          どちらも超オススメです。
          | cinema | 16:32 | comments(4) | trackbacks(1)

          0
            虹の女神



            仕事の徹夜明け、なんとなく時間が空いたので見てきました。
            「虹の女神」

            ストーリーは、空に浮かぶ不思議まっすぐな虹を絡めながら、若い男女ふたりの友情と恋に揺れる微妙な心象を丁寧に描いています。
            派手さはないけれど、市原隼人と上野樹里、そして蒼井優の自然体な演技には好感が持てました。市原隼人は「天使の卵」の時よりずっとこっちの方がいい。
            淡い記憶の中にある今となっては懐かしくもあり、儚かった恋、後悔の日、そんな昔を思い出すような気がして、ラストシーンと共に見終えた時には知らぬ間に涙が出ていました。
            “大切な人の存在をもう一度確かめたくなる”
            まさにその通りの映画でした。

            虹の女神 Rainbow Song Navigation
            虹の女神 Rainbow Song Navigation
            | cinema | 09:04 | comments(2) | trackbacks(4)

            0
              PAGE:1 / 4 >>
              RECOMMEND
              京都のブーランジェリー ―人気シェフのおすすめパン屋さん
              京都のブーランジェリー ―人気シェフのおすすめパン屋さん (JUGEMレビュー »)

              レベルの高いブランジェリーが沢山集まった京都の中でも人気のレストランシェフお勧めのパン屋さんが紹介されてます。だから間違いなし。
              Barkery book vol.3 ベーカリーブック(3) (柴田書店MOOK) (柴田書店MOOK)
              Barkery book vol.3 ベーカリーブック(3) (柴田書店MOOK) (柴田書店MOOK) (JUGEMレビュー »)

              シンプルな食事パンにこそ、本当のパンの味わい、醍醐味があると思います。シンプルだからこそ難しく、奥が深い。だから楽しい。そう思います。
              パンの教科書―ブランジェリーコム・シノワ
              パンの教科書―ブランジェリーコム・シノワ (JUGEMレビュー »)
              西川 功晃
              この1冊の本から膨らむパンの世界。芸術的とも言えるフランスパンやその他豊富な写真は、食べる者だけでなく作り手側をも魅了します。
              うまいパンは語る―京都「たま木亭」玉木潤の直感と計算 (旭屋出版MOOK)
              うまいパンは語る―京都「たま木亭」玉木潤の直感と計算 (旭屋出版MOOK) (JUGEMレビュー »)
              玉木 潤
              京都でパン屋を語るならここは絶対に外せない。プロも目指す最高のパンづくり。
              京都のやさしいパン屋さん。―パンと私のシアワセな関係 (SEIBIDO MOOK) (SEIBIDO MOOK)
              京都のやさしいパン屋さん。―パンと私のシアワセな関係 (SEIBIDO MOOK) (SEIBIDO MOOK) (JUGEMレビュー »)

              京都って意外と結構パン屋さんが多いですよね。それもどの店も個性的でレベルが高い。パン好きならこの1冊を眺めているだけで幸せになれます。ぜひ京都へおこしやす。
              京都・大阪・神戸パンの本 (えるまがMOOK)
              京都・大阪・神戸パンの本 (えるまがMOOK) (JUGEMレビュー »)

              京阪神の有名店がほぼ網羅。休日にぷらっとこの本片手にお出かけしてみるのもいいかも。でも早起きしてね。
              京都 CF (シーエフ) 2008年 06月号 [雑誌]
              京都 CF (シーエフ) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

              京都×歴史を考えさせてくれる特集もあって興味深い。京都市のパンにかける金額、消費量ともに日本一って知ってました?
              STYLE STORE アトリエカタログ
              NEW ENTRIES
              RECENT COMMENTS
              RECENT TRACKBACK
              CATEGORIES
              ARCHIVES
              PROFILE
              BOOKMARKS
              TRACKBACK PEOPLE

              • [映画]
              OTHERS
              Search this site.



              COUNTER 


              LOGPI!!